ふくらはぎは血行が悪いのでリンパの流れをよくして、筋肉もつけよう。

ふくらはぎむくみ

 

女性はふくらはぎがむくみやすいです。
理由は筋力が少ないからなんです。

 

ふくらはぎは一番心臓から遠い部分ですよね。
しかも心臓よりも下の部分です。

 

なのでふくらはぎにたまった血液を心臓に届けるのはある程度筋力がないと難しいんです。

 

いつも運動をして血行がいいのならむくみは起きにくいのですが、運動をあまりしないで、座りっぱなしの時間が多い場合はどうしても下半身にむくみが起きやすいんです。

 

夜に寝ている間に血流は全身をめぐるので、朝起きた時にはむくみは解消しているのですが、一日過ごして夕方になるにつれて重力に従って血流が下にたまっていくので、むくみがでてくるんですね。

 

ああ、でも大変だけど夜寝たらまた元に戻るし、まあいいか。

 

と思っているかもしれませんが、それは大きな間違いなんですよ。

 

 

むくみはそのまま放置していると、脂肪に変わっていきます。
むくみをその日のうちに解決しないと、足がどんどん太くなっていくんです。
ふくらはぎがどんどん「ししゃも脚」になってしまうんです。

 

ひどい場合は足首がなくなってしまうことも。象の足みたいになります。

 

そのためにもむくみはその日のうちに取り除くようにしましょう。
そして、筋肉をつけて、むくみにくい足を作っていきましょう。

 

 

まずむくみを取るストレッチです。

 

寝る前にすると気持ちよくてそのまま寝てしまうむくみ対策ヨガ

 

この上のむくみ対策をするとその日にたまったむくみはとれやすいですよ。

 

 

そして、むくみにくい足を作ることも重要なポイントですよね。
ふくらはぎに筋力をつけることで、むくみにくいですし、足もきれいに引き締まって足が長く見える効果もあります。

 

普段からできる動きはつま先立ち。
つま先立ち→普通に立つ→つま先立ち→普通に立つ。この繰り返しです。
電車やバスを待っている間でもできますよね。座っている間でもできます。

 

足をきれいにそろえた状態で、つま先立ちをします。

 

それから上級者はこの動画の動きもおすすめです。

 

 

普段足になにも刺激を与えていないとむくみやすくなります。
上で紹介したストレッチなどを毎日することで、むくみがすっきりして、ズボンもすんなり入るようになりますよ^^

 

>>履くだけで簡単に痩せるショーツ人気ランキング